Kesu's Blog


IT業界(一応)で働くしがないサラリーマンのブログ。
ビジネスとITに関する情報を不定期に発信しています。
(ビジネス本、自作PCやスマホ、OSSや無料な
ソフトウェア、プログラム開発など)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

スマホからインターネット経由でリモートデスクトップ接続してみる 

前回、スマホを使ってLAN内にあるWindowsにリモートデスクトップアクセスをしてみました。
(記事はこちら)

その際、”インターネット経由での接続も、ルータにIPマスカレードの設定をしてあげればイケそうな気がします”と書いていたのを簡単に検証。

私の家は、フレッツ光(VDSL)で、ルータはNTT東からレンタルしているRV-230SEになります。
これに、静的IPマスカレード設定を入れて、RemoteToGoから3G経由で接続可能かを検証してみました。

設定画面は、Webブラウザから、ルータのIPを指定してアクセスすると出ます。
ex)ルータIPが192.168.100.100の場合⇒http://192.168.100.100/

管理者用のID/PWを聞かれると思うので、入れます。
ex)IDはuser、PWは各自で設定したものを。

静的IPマスカレードですが、詳細設定メニューの中にあります。

画面はこんな感じです。
IPマスカレード設定
設定値は以下のようにします。

優先順位:0以外であれば何でもよいです。例えば1。
接続インターフェース名:通常使っているプロバイダの設定を選びます。
宛先IPアドレス:RDP接続する先のPCのIPアドレス(LAN内のもの)を設定します。
変換対象IPアドレス:自分のWAN側のIPアドレスのままでよいです。
変換対象プロトコル:TCPのままでよいです。
宛先ポート:3389を指定します。
変換対象ポート:何でもいいです。たとえば3000。

入力を終えたら設定ボタンを押します。
これでルータの設定は完了。

次いで、スマホからRemoteToGoで新規コネクションを作成して、定義を入れます。

Label:何でもいいです、区別がつけば。
Host:WAN側のIPアドレスを入れます。(RV-230SEでは、情報、現在の状況でWAN側IPアドレスが確認できます)
Port:変換対象ポートに入力したものを入れます。(今回のケースでは3000)

これでRemoteToGoの設定も完了。
定義を保管して、接続すると、LAN内で接続する時と同じように認証を求められるので、PCのID/PWを入れてあげると、繋がります。
(今回は確実にインターネット経由になるように、スマホのWi-Fiはoffにして3G通信で接続しました)

繋がるかなとは思っていたものの、こんなに簡単に繋がってしまうなんて、ちょっと怖いですね。
というわけで、テストは終わり。

ハッキングでもされたらかなわないので、静的IPマスカレード設定の優先順位を0にして使用しないようにするか、定義自体を消して蓋をするのをお忘れなく。
スポンサーサイト

テーマ: ソフトウェア - ジャンル: コンピュータ

tag: Windows8  IS12SH  Android 

△page top

スマホでリモートデスクトップ 

単なる興味からスマホ(Android)で自宅PCに接続してみました。
今回は、RemoteToGoという無料のRDPクライアントを使いました。
ダウンロードはGoogle Playから行えます。

事前にスマホは無線LAN接続、PCも同一LANに接続している前提で話しを進めます。
インターネット経由での接続も、ルータにIPマスカレードの設定をしてあげればイケそうな気がしますが、今回はそこまではやっていません。

まず、PC側でリモートデスクトップ接続を許可する設定にしておきます。
rdp.jpg

後はスマホ側の操作になります。

左)アイコンはこんな感じです。
右)起動すると、コネクション作成画面になります。
20130511-200244.png 20130511-200249.png

左)New ConnectionをタップするとRDPかVNCかの選択になります。今回はRDPを選択します。
右)Labelは表示名なので適当に。HostにはPCのIPアドレスを入力します。
(今回はLAN接続なのでPCのIPを入力)
とりあえず繋ぐだけならば、その他は変更なしでOKです。
20130511-200301.png 20130511-200305.png

左)戻るキーを押すと保存するかと聞かれるので、Yesをタップして保存します。
右)先ほどLabelでつけた名前で表示されるのでタップします。
20130511-200340.png 20130511-200346.png

左)接続してよいか確認画面が出たら、OKをタップします。
右)PCのログインアカウントでログインします。
(ワークグループの場合はDomainはブランクのままでOKです)
20130511-200352.png 20130511-200356.png

無事接続。
Windows 8上のIE 10でMSNのサイトを表示してみました。
20130511-200657.png

接続を終える場合はメニューキーを押して、disconnectをタップします。

アプリは戻るキーを押せば終了出来ますが、確認画面が出ますので、Yesをタップしてください。
20130511-200741.png

RemoteToGoでは日本語入力が出来ないようでした。(単にやり方がわかっていないだけかも知れません)
動画も見てみました。
若干ちらつくものの、見れなくはない感じ。
尚、音声再生するように設定出来るのでやってみたものの、うまく音が出ませんでした。

ま、今回は単に遊びでやってみようといったところなのでここまでにしておきます。

テーマ: ソフトウェア - ジャンル: コンピュータ

tag: IS12SH  Android 

△page top

保護フィルムを貼り替えました 

何回も落とすうちにぼろぼろになってきたので貼り替えました。
IS12SHは発売期間が短かったのもあり、アクセサリーの類もあまり種類がなかったりしますが、たまたまよったビックカメラにあったので購入することにしました。

過去、ずっと防指紋光沢(グレア)を使っていたのですが、今回はノングレアにしてみました。
グレアに比べて白っぽさがあり画像の鮮明さはやはりおちた感はありますが、タッチ感はするするな感じになり、画面の指紋汚れなども全くと言っていい程気にならなくなりました。
この辺りはどっちが好みかで選ぶしかない感じですね。

【ノングレアフィルム】 AQUOS PHONE IS12SH専用  指紋が目立たないフィルム【ノングレアフィルム】 AQUOS PHONE IS12SH専用  指紋が目立たないフィルム

モバイルフィルム

商品詳細を見る

テーマ: android - ジャンル: コンピュータ

tag: IS12SH  Android  保護フィルム 

△page top

Speedtest.net(Androidアプリケーション)でのWi-Fi速度測定結果 

自宅の無線LAN環境の電波具合を調べようかとやってみた結果になります。
単純にbpsだけで評価してしまうと見誤るかも知れませんが、(ボトルネックがどこにあるか次第なので)家の中でどこが早く繋がる場所なのかといった相対的な見方位は出来ようかと思います。

測定先のサーバの選択をもう少しがんばればもうちょっとまともな評価になるのかも知れませんが、そこまでやってませんので、あくまで参考ということでご了承ください。

サーバ:Taipei(Taiwan Fixed Network)

1番目:3G(WIN HIGH SPEED)
2番目:無線LAN親機のそば(au HOME SPOT CUBE 2.4GHz)
3番目:無線LAN親機に寝室から接続(au HOME SPOT CUBE 2.4GHz)
4番目:無線LAN中継機経由(PLANEX MZK-EX300N2 2.4GHz)
5番目:寝室の無線LAN親機経由(Corega CG-WLRGNX 2.4GHz ->有線-> PLANEX MZK-SC300D 5GHz)

※5番目のMZK-SC300Dは5GHz帯で無線LAN親機のau HOME SPOT CUBEに接続されています。

色々なサイトを拝見していると、PLANEXの中継機経由にすると電波弱く、さらに遅いというようなことが書かれていたりしますが、我が家では1Mbps以上は早い速度が出たという結果に。(親機のそばに比べれば半分程度ではありますが)
ただ、設置場所には気を使ったのは事実です。
具体的には、Wifi Analyzerという電波状況を可視化してくれるソフトをGoogle Playからダウンロードしてスマホを持って右往左往しつつ、電波のキャッチ状況のよさげな中継機の設置場所を探しました。
また、設置場所から寝室内でスマホを実際使う場所までは障害物となるものがない状態になるような場所としました。
適当に設置した場合、親機と電波状態が同じ位になり、中継している意味がないという状態になったりしましたので、この辺りは気を使ってやってあげないと、MZK-EX300N2はダメそうです。

Speedtest.net は こちら からぞうぞ。

20120518-235851.png

テーマ: android - ジャンル: コンピュータ

tag: 無線LAN  Android  IS12SH 

△page top

HOME SPOT CUBEが届きました 

現在、auでは、Wi-Fi HOME SPOTという名前で無線親機のレンタルサービスをしています。
このサービス、ISフラットなど特定のプランに入っていると月額525円のところが月額105円に割引きされ、さらに2012年5月31日までに申し込むとさらに105円値引き=実質タダとなるのです。

私はauユーザーでISフラットですので、まさに実質タダの対象でしたので、早々に申し込み、本日、物が届いたので早速Upします。

とても小さな正方形のキューブ型がスタイリッシュな感じでよいです。
WPSボタンを長押しすると、中央ボタンの周囲がオレンジに光ってとてもキレイ。
接続完了後はグリーンの光に変わり、これまたキレイ。
そして、しばらく経つと消灯して、写真のようなたたずまいです。
何となくおしゃれじゃないですかね?

DSC_0073.jpg

肝心なスペックの方は、2.4GHzのみならず、5GHz帯にも対応。
SSIDは3つ設定されており、2.4GHz帯、2.4GHz帯ゲーム機(WEP)用、5GHz帯となっています。
ステルスAP機能はないようですが、通常のセキュリティは持っているので問題ないでしょう。
また、最大通信速度は11nで150Mbpsとなっています。
最近は300Mbpsが普通に売られていますし、450Mbpsなんていうのも出てきていますので、ちょっと不満な方もいらっしゃるかも知れません。
私の場合、無線LAN利用のメインはスマホのWi-Fiですし、IS12SHでは前から最大65Mbpsでしたので、問題ありません。
電波の飛びはそれまで使っていたちょっと古いcoregaのCG-WLRGNXと大差ないように感じますが、若干接続が安定した感はしますし、エクステンダー(PLANEXのMZK-EX300N2)との間も前よりもPingロストが少ないように感じます。
レスポンスもping -tで流していたところ、ほぼ1msでたまに数msが出る位で良さそうに見えます。

ま、何にしてもタダなわけですから、言うこと無しですかね。
auユーザーの方で無線LAN親機をお持ちでない方はこの機会に申し込まれてはいかがでしょうか。

http://www.au.kddi.com/wifi/wifi_home_spot/

テーマ: PC周辺機器 - ジャンル: コンピュータ

tag: 無線LAN  IS12SH 

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。