Kesu's Blog


IT業界(一応)で働くしがないサラリーマンのブログ。
ビジネスとITに関する情報を不定期に発信しています。
(ビジネス本、自作PCやスマホ、OSSや無料な
ソフトウェア、プログラム開発など)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

Googleカレンダーを印刷用にPDF出力するツール v0.91 

場所の出力を選択するとPDFが生成されないというコメントを頂き、たぶん、場所が繰り返し出力されてしまうバグに起因しているのだろうとの勝手な思い込みからこれを修正。

また、タイトルと場所は@でつないで出力する仕様にしているのですが、改行せず切り捨てていたのを改行して全て出力して欲しいとの要望を受けましたので、これに対応。

相変わらず、複数日に跨る時の開始/終了日時は直せていませんが、v0.91として公開します。

修正/改善後の出力イメージはダウンロード頂いたものを解凍してもらった中にある「sample_201611.pdf」をご覧ください。

なお、場所の出力問題は当方環境では再現していないので、直っているか自信ありません。
(当方では、Windows 10 Home 64bit、開発に利用しているJDK:1.8.0_92 64bit、稼働環境(JRE):1.8.0_111 64bitを使用しています)
もしまだ直ってないよ、ということでしたら、わかる範囲で結構ですので、稼働環境なども教えて頂ければ幸いです。

ダウンロードはこちらから。(OneDriveです)
スポンサーサイト

テーマ: プログラミング - ジャンル: コンピュータ

tag: GoogleCalendarAPIv3  JasperReports  Java 

△page top

Googleカレンダーを印刷用にPDF出力するツール v0.90 

とりあえず、動くところまで出来たのでアップします。

初回起動時、Googleの認証を求められるWeb画面が表示されますので、許可してください。
アプリケーション名は「GoogleCalendarToPDF」です。
許可のリクエスト1
Googleにログインしていない場合は、アカウント入力画面から始まります。

許可して頂くと、以下画面に遷移します。
(Webブラウザはこのタイミングで閉じて頂いて大丈夫です)
許可のリクエスト2

そして、アプリ画面が起動します。
アプリ画面
出力したい年月と対象のカレンダーを選択の上、PDF作成ボタンを押して頂ければアプリ本体があるフォルダにPDF化されたカレンダーが出力されます。

尚、現在判明している不具合は以下です。

・複数日に跨る予定がある場合、全ての日付で開始日の開始時間、終了日の終了時間が入った予定が入ってしまいます。
例えば、1日23時~3日8時の場合、1、2、3日にそれぞれ、23時~8時という予定が入ってしまいます。

・複数日に跨る予定があり、場所の出力をチェックしている場合、@場所@場所と複数回場所情報が出力されてしまいます。

v0.91で対応出来たらします。。。

後、Googleにログインして、アカウントから、接続済みのアプリとサイト、アプリの管理と辿って「GoogleCalendarToPDF」の権限を削除すると、認証エラーになり、アプリが正常稼働しなくなりますので、ご留意ください。
これを解決するためには、「GoogleCalendarToPDF.jar」ファイルのあるフォルダに作成されている「.credentials」フォルダを削除ください。
当該フォルダが削除されると、認証情報が初期化され、再度認証を求める画面に遷移するようになります。

ダウンロードはこちらから。(OneDriveです)

テーマ: プログラミング - ジャンル: コンピュータ

tag: GoogleCalendarAPIv3  JasperReports  Java 

△page top

Java 8 ではPerm領域の指定が出来なくなりました 

久々のエントリー。
今日はJavaについて。

本日時点で、Javaランタイム(JRE)のダウンロードはJava 7 Update 55になっていますが、既にJDKはJava 8 Update 5となっています。
まだ開発者向け先行提供といったところですので、普通に使っているだけであれば、まだJava 7を使われていた方がよいかと思いますので、ご留意を。

さて、Java 8では、Perm領域の指定が出来なくなりました。
具体的には、Javaの実行コマンドラインに

-XX:PermSize=128M -XX:MaxPermSize=256M

と指定しても、

Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM warning: ignoring option PermSize=128M; support was removed in 8.0
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM warning: ignoring option MaxPermSize=256M; support was removed in 8.0

なるメッセージが出力されて、機能しなくなっています。

これは、元々、BEAという会社が作り、WebLogicに含まれ提供されていた、JRockitとSUNという会社が作り、無償で公開されてきたいわるゆJava(これをHotSpotという)がどちらも現在ではOracleの持ち物となっていることから、統合(これをProject HotRockitという)が行われてきた成果の一つになります。

使う側からすれば、Perm領域を意識せずに済むので楽になったわけですが、バージョンアップ作業などをする側からすると要らぬエラーメッセージが出ないようにパラメータ修正をしたりなど、厄介なところもありますので、Java 8へのJVMの移行にはしばらく時間が必要かも知れませんね。

テーマ: ソフトウェア - ジャンル: コンピュータ

tag: Java 

△page top

Googleカレンダーを印刷用にPDF出力するツール v0.82 

以前に作成した「Googleカレンダーを印刷用にPDF出力するツール 」ですが、改善要望を頂いたので対応しました。

今回の対応では、カレンダーリストを取得して、任意のカレンダーを出力出来るようにしました。

出力対象とするカレンダーを複数選んで、1つにマージして出力するということも考えたのですが、説明を出す形にしているが故に、相当な量になるのではないかと考え、現時点版では別のファイルに出力するということにしています。
このあたり、要望などありましたら、コメント頂ければ出来るだけ善処します。

なお、「日本の祝日」カレンダーはデフォルトで表示するようにしているので、「日本の祝日」カレンダーを選択した場合は、ガラだけ出力されるようにしています。

操作性が若干変わったので、スクリーンショット&使い方を記載しておきます。

以下が起動後の画面です。
GoogleCalendarToPDF_v082.jpg
基本的には、アドレスとパスワード、出力年月を設定して、PDF作成ボタンで当該月分の自分のカレンダーがPDFになります。
オプションとして、場所の出力にチェックをつけると、予定@場所という形の表示になります。
(逆にチェックしていない場合は、予定のみが出力され、場所は出力されません)

そして、今回のアップデートで追加したカレンダー選択ですが、押すと以下の画面に遷移します。
GoogleCalendarToPDF_v082_dlg.jpg
出力したいカレンダーを選択して、OKボタンを押して頂いた後、PDF作成ボタンで選択したカレンダーがPDFとして出力されます。

別ファイルとして出力することとしているため、ファイル名は「アドレス_カレンダー名_YYYYMM.pdf」としています。
なお、取消を押した場合は、それまでに選択されていたカレンダーがそのまま維持されます。

以上、簡単ですが、説明でした。


ダウンロードはこちらからどうぞ。(Skydriveです)

v0.82(カレンダー選択対応バージョン)
GoogleCalendarToPDF.zip


過去バージョンも以下に置いてあります。

v0.81(場所の出力対応バージョン)
GoogleCalendarToPDF_v0.81.zip

v0.80(公開初版バージョン)
GoogleCalendarToPDF_v0.80.zip

テーマ: ソフトウェア - ジャンル: コンピュータ

tag: Java  Swing  GoogleDataAPI  JasperReports 

△page top

Googleカレンダーを印刷用にPDF出力するツール 

妻の要請にて、Googleカレンダーを印刷用にPDF出力するツールを作ったので一応、公開します。

Googleカレンダーのサイトから普通に印刷出来るのですが、1ヶ月分のカレンダーを出力しようとすると、開始時間とタイトル数個までしか表示されないのが不満だそうで、終了時間と説明をあわせて印刷、他xx件ではなく全て見えるように印刷して欲しいという要件で、Google提供のものでは難しそうだった&公開されているいくつかのツールも要件を満たせそうになかったということで、作ってみることに。

ツールの実体は、Google Data APIを使ってGoogleから必要なデータを取得して、JasperReportsを使ってPDF化するだけの簡単ツール。
ユーザーインターフェースはSwingにて作成していますが、以下の通り、とっても簡素です。

gc2p.jpg

Javaで出来ているので、きっとMacやLinuxでも動くと思うのですが、果たしてどうでしょうね?
(開発及び稼動の確認をしている環境はWindows 7です)

まぁ、もし、使ってみたいと思って頂ける方がいらっしゃいましたら、ご自由にご利用ください。
また、不具合やご意見などありましたら、この記事にコメント頂ければと思います。
ただし、対応のお約束は出来ません。
気が向いたらやるかも知れませんし、一生やらないかも知れません。

ダウンロードはこちらからどうぞ ⇒ GoogleCalendarToPDF (SkyDriveにて公開しています)

※カレンダーへのアクセスにgmailアドレスとパスワードの入力を必要としますが、このツールは入力頂いたアドレス、パスワードは保存していませんし、Googleの認証以外の目的で外部発信もしていません。(また、Googleとの通信は暗号化(https)されています)
-- 続きを読む --

テーマ: ソフトウェア - ジャンル: コンピュータ

tag: Java  Swing  GoogleDataAPI  JasperReports 

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。