Kesu's Blog


IT業界(一応)で働くしがないサラリーマンのブログ。
ビジネスとITに関する情報を不定期に発信しています。
(ビジネス本、自作PCやスマホ、OSSや無料な
ソフトウェア、プログラム開発など)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

Eclipseの導入と設定(Java,C,Android) 

ちょっと長くなりそうですが、がんばってEclipseの設定周りを書きたいと思います。
今回は、Java,C,Androidの3本立て。
ただし、JavaはWebアプリケーションのためのものではありませんので悪しからず。

0.動作環境
CPU:Intel Core i7 860(2.8GHz)
Memory:PC3-12800/DDR3-1600(4GB)
OS:Windows 7 Home Premium SP1 64Bit

1.Java
1)Java Standard Edition JDK(Windows x64版)
Java SEダウンロードサイトからJDKをダウンロードしてください。
ページの中に「JDKダウンロード」というボタンがありますので、そこからダウンロードページへ移動します。
「JREダウンロード」というものもありますが、そちらではありませんので注意ください。

続いてJDKのダウンロードページでは、Platform:の選択が必要です。
今回はWindowsの64bit版を使いますので「Windows x64」を選択してダウンロードします。

インストール自体はインストーラの指示に従って行えばokです。


-コラム-
記事を書いている時点の最新バージョンはJava 6 Update 24です。
メジャーバージョンがJava 7になるとまた変わろうかと思いますが、基本的にUpdateは最新のものを選択することをおすすめします。

JREはJava Runtime Environmentの略で、Java VMの実行環境を提供します。
JDKはJava Development Kitの略で開発用キットになります。
尚、JDKにはJREが包含されていますので、インストールする際にJREを一緒にインストールすることが可能です。


2)Eclipse IDE for Java Developers(Windows 64Bit版)
EclipseダウンロードサイトからEclipse IDE for Java Developersをダウンロードしてください。
今回はWindowsの64Bit版を使いますので「Windows 64 Bit」を選択してダウンロードページへ移動します。
ダウンロード自体はダウンロードボタン(図1参照)をクリックすることで開始されます。

Eclipse Download
図1.ダウンロードページの画面にあるダウンロードボタン(緑色の下矢印の絵)

インストールですが、Eclipseはzipファイルを解凍した中にあるeclipse.exeを起動するだけという形になっています。
ですので、”C:\eclipse”などに解凍するだけでインストールは完了します。
毎回フォルダを参照して起動するのが面倒な場合は、eclipse.exeのショートカットをデスクトップなどに作っておいておくとよいでしょう。

尚、私の環境ではメモリに多少の余裕があるので、図2のようにメモリ設定を変更してあります。

-Xms40m
-Xmx384m
-Xms512m
-Xmx1024m
図2.[Eclipseインストールフォルダ]\eclipse.iniの設定

上記設定でメモリ最小サイズが40MBから512MBに、最大サイズが384MBから1GBに変更されます。


-コラム-
Eclipseのインストールするフォルダは任意でokですが、スペースを含むフォルダ名は使わない方がよいです。(”C:\Program Files”など)
必ずそうなるというわけではないようですが、スペースを含むフォルダにEclipse本体やワークスペースなどを配置すると正常に稼動しないケースがあるためです。

将来的にWebアプリケーションの開発も視野に入れたい方は”Eclipse IDE for Java EE Developers”を選択されてもよいかと思います。
(Java EE Developersは容量が大きく使わない人にとっては不要なPluginが多くあったりもするのですが、Java Developersを包含しています)


以上でJava環境のセットアップは完了です。

2.C
1)MinGW
まず、なぜMinGWなのかですが。
MinGWはGNUコンパイラのWindows移植版です。
WindowsでGNUコンパイラを使うと考えた時、一番有名なのはCygwinですね。
ではなぜ、Cygwinを使わないのか。
それは、MinGWはCygwinのように専用のDDLを必要としないためです。
具体的には、Cygwinでコンパイル/リンクされたものはCygwinのDDLを同梱して配布しないと稼動しないということがありますが、その心配がなくて済むということになります。

さて、それでは導入/設定しましょう。

MinGWダウンロードサイトからAutomated MinGW Installerをダウンロードしてください。
ただ、どれか該当のものかがわかり難いと思いますので、ダウンロードサイトにある「Download mingw-get-inst-yyyymmdd.exe」(図3参照)を選択してダウンロードしてください。
(フォルダ階層を辿っていくと同じもののダウンロードが出来るには出来ます)

mingw_dl.jpg
図3.Download mingw-get-inst-yyyymmdd.exe
(記事記載時点では”Download mingw-get-inst-20110316.exe (576.1 KB)”が最新です)

インストール自体はインストーラの指示に従って行えばokです。
途中、インストールするコンパイラの種類を問われますが、C/C++だけあれば事足りますので、その他はお好みで。

ついで、Eclipse上から認識させるために、パスを通しておきます。
(パスの設定はマイコンピュータのプロパティからシステムの詳細設定、環境変数で出来ます)
具体的には、Path環境変数の値の最後にMinGWのパスを設定します。
デフォルトのインストールパスで導入した場合は図4のようになろうかと思います。

[元々設定されていたパス];C:\MinGW\bin
図4.Path設定

2)CDT
Eclipseを起動してHelp → Install New Softwareからインストールします。
Work with:に「Helios - http://download.eclipse.org/releases/helios」を選択。
NameのProgramming Languages内にある「C/C++ Development Tools」のチェックボックスにチェックして「Finish」が押下出来るようになるまで「Next」を押下して進めてください。
(ライセンスアグリーメント画面ではI accept側を選ばないと先に進みませんので注意)

以上でC環境のセットアップは完了です。

3.Android
1)Android SDK
Android SDKダウンロードサイトからAndroid SDKをダウンロードしてください。
今回はWindows版を使うので、Platform Windowsのところにある「installer_rnn-windows.exe」(nnは数値です)を選択してダウンロードします。

さて、インストールですが実はAndroid SDKをインストールするには32Bit版のJDKが必要です。
冒頭、Javaのところで64Bit版を導入しましたが、これだけではインストーラがエラーになって先に進みません。
というわけで、同じ要領でPlatform:で「Windows」を選択して32Bit版のJDKをダウンロードしてきてインストールします。
その上でAndroid SDKのインストーラを起動してインストールすればすんなり進みますが、この時、インストールフォルダはデフォルトではないところにインストールしてください。
(デフォルトでは、Program Files下にインストールされますので、C:\などに変更)
これは、Eclipseと同じような理由なのですが、Android SDKに含まれるSDK Managerやエミュレータがデフォルトのインストール先では動作がおかしくなることがあるためです。

インストールが完了したら、SDK Managerを起動して、Available packagesにあるPackagesを全てチェックして「Install Selected」を押下し、パッケージを追加します。
(これ、結構な時間が掛かります)
次いで、Virtual devicesに移動して、「New」を選択してエミュレータを作ります。
Name:は好きなものに、Target:は対象となるAndroidバージョンを選択、SD Card:は8GB位を定義しておけばとりあえずよいでしょう。
画面サイズはSkin:のところで選択すれば大丈夫ですがQHDなどは存在しないので、必要に応じてResolution:を手動設定します。
Resolution:は横×縦になっていますので、設定時、逆に定義しないように注意ください。
後は変更しなくてもokですが、Hardware:のところにあるDevice ram sizeは必要に応じて変更してもよいかも知れません。
(Hardware:自体はTarget:を選択すると自動的に設定されます)
私の環境では、デフォルトの256から512に変更してあります。(256MB → 512MB)
最後に、SnapshotをEnabledにしておいた方がよいかも知れません。
Enabledにしておかないと毎回ゼロから起動するので遅いのと、起動後設定を変更したものがリセットされるためです。
(例えば、ロケールを日本語に設定していてもSnapshotがoffの時は再起動するとデフォルトの英語に戻ってしまう)


-コラム-
Android SDKを少し使っているとコマンドラインを使って操作するシーン(エミュレータへのapkのインストールなど)が出てきたりしますので、パスを通しておくと便利です。(図5参照)

[元々設定されていたパス];C:\Android\android-sdk\platform-tools;C:\Android\android-sdk\tools
図5.Path設定(C:\Android\android-sdkにSDKをインストールした場合)


2)ADT
CDTと同様にEclipseを起動してHelp → Install New Softwareからインストールします。
ただし、Work with:は新規に設定が必要ですので、「Add」を選択して追加します。
Name:はわかりやすい名前なら何でもokです。(”ADT Plugin”とでもしておくとよいでしょう)
Location:は”https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/”を設定します。
登録出来たら、Work with:で登録したエントリを選択し、Name内にある「Developer Tools」のチェックボックスにチェックして「Finish」が押下出来るようになるまで「Next」を押下して進めてください。
(こちらもライセンスアグリーメント画面ではI accept側を選ばないと先に進みませんので注意)

さて、インストールされたら少しEclipseに設定を行います。
具体的には、Window → Preferencesから、AndroidのSDK Location:にAndroid SDKをインストールしたパスを設定します。
(上記図5の例の場合”C:\Android\android-sdk”)
上記設定後、Window → Android SDK and AVD Managerが起動出来ればokです。

以上でAndroid環境のセットアップは完了です。

案の定、とても長いエントリーとなりました。
最後まで見て頂いた方、お疲れ様でした。
-- 続きを読む --

テーマ: プログラミング - ジャンル: コンピュータ

tag: プログラム  Android  C言語  IDE  Java 

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。