Kesu's Blog


IT業界(一応)で働くしがないサラリーマンのブログ。
ビジネスとITに関する情報を不定期に発信しています。
(ビジネス本、自作PCやスマホ、OSSや無料な
ソフトウェア、プログラム開発など)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

JINS PC 

最近、パソコン用メガネというのが流行っています。
企業で採用されたりもしていることから、実用性が認められてきていて、一般に広がってきているようです。
このジャンルは機能性アイウェアといって、今までメガネを使っていなかった人にも使ってもらうには?というところから考え出された新しい種類のメガネになります。

現在パソコン用メガネで有名なのは、2社から出ているものだと思います。
一つはJINSが出しているJINS PC、もう一つはZoffが出しているZoff PCで、それぞれ、カラーレンズタイプとクリアレンズタイプがあり、それぞれ、青色光のカット率が異なっています。
また、JINS PCにはパッケージタイプというのもあります。
各社のWebサイトにある効果表を表にまとめると以下のようになります。

メーカータイプ青色光カット率
JINSパッケージ約50%
Zoffカラーレンズ約50%
JINSカラーレンズ約45%(※)
Zoffクリアレンズ約37%
JINSクリアレンズ約30%
※JINS PCのパッケージには約50%カットと記載されていて、Webサイトのそれと若干記述が異なっていました。

まぁ、カラータイプは効果が高い分、レンズの色が茶色く、モノによってはサングラスのように見えたりもしますので、会社などで使う場合は周囲の方の理解が必要かも知れません。
また、色々とサイトを見て回っていると、Zoffのクリアレンズは見た目はクリアなのですが、かけてディスプレイを見た時のクリアさがJINSのカラーレンズよりも低いというような記事もありました。
最終的には個人の感覚によるところがあろうかと思いますので、どれがよいかで迷っている方は店頭なりで試してみるとよいかも知れません。

そんな中で私が購入したのは、JINS PCのカラーレンズパッケージタイプになります。
なぜかって?

・ZoffよりJINSの方が安い(カラーレンズ&度無しパッケージ)
Zoffは選択したフレーム代が代金となる。(SALE品を除くと5,250円が最安値?)
JINSはスクエアフレームパッケージであれば3,990円。(使われているフレームはスクエア)
・サングラスのようにパッケージングされていて即時購入が可能。
・16色のフレーム色から好きなものを選べる。(私は色々かけてみて無難なグレーに落ち着きました)
・そもそも、自分には度付きは必要ないので。

という何とも安直な理由です。

さて、使用感ですが。
目の疲れが軽減されるか?についてはまだ数日、ちょっとの時間しか使ってないので未知数です。
願わくは利き目の疲労から来る視力低下が改善されたらなと思うのですが、果たしてどうでしょうかね。
数ヶ月~使ってみて状況を見てみたいと思います。
その他としては、

・白が若干、すごく薄い茶(黄ばみ)ががったように見える。
・色の判別は普通に出来る。(青が緑っぽく見えたりということはない)
・メガネはとても軽く長時間かけていても疲れない。(Air frameというものらしい)

といったところでしょうか。
私の場合問題ない範囲ですが、色合いを気にする仕事をされている方はJINSのクリアレンズタイプなど、効果は低いけれどもクリアさは保てるとうたわれているものを試されるのがよいかも知れません。

尚、パッケージにはメガネ拭きを兼ねたソフトケースがついていました。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

テーマ: 新製品情報 家電・AV器機・周辺機器 - ジャンル: コンピュータ

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。