Kesu's Blog


IT業界(一応)で働くしがないサラリーマンのブログ。
ビジネスとITに関する情報を不定期に発信しています。
(ビジネス本、自作PCやスマホ、OSSや無料な
ソフトウェア、プログラム開発など)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

Windows 10 Anniversary Update 

1511に次ぐ大型Update第2弾。
今回のUpdateでバージョンは1607に。
ほっておいてもいずれは勝手にUpdateされるわけですが、手動でUpdateしてみました。

まず、設定から更新とセキュリティを表示し、詳細情報をクリック。
au00.jpg

MSのサイトが表示されるので、Anniversary Updateを入手します。
au01.jpg

「Windows10Upgrade28084.exe」がダウンロードされるので実行します。
au02.jpg

更新がはじまります。
ほっておくとどんどん進んでいきます。
au03.jpg
au04.jpg
au05.jpg
au06.jpg
au07.jpg

再起動後は例の如く更新しています画面がしばらく続きます。
また、更新後、プロファイル設定が必要になります。
(主として、情報送信しますか?系の設定で、その他は更新前の情報が引き継がれているようでした)

尚、再起動後に表示された画面は少々バグってはみ出していました(笑)
au08.jpg

実行中のものをタスクバーを右クリックして閉じるしても、アイコン化されて残っていて、再度表示させたら以下のように正常に。
終了ボタンをクリックしたら、アイコン化されていたものも無事終了。
au09.jpg

その他気になった点は以下です。

Updateを実行するタイミングで、デスクトップにアイコンが追加されていました。
au99.jpg

タスクバーの時計が一番右じゃなくなりました。
(どうってことないっちゃないのですが、何かとっても違和感を感じます)
au98.jpg

スタートメニューのデザインが少し変更されていました。
全てのプログラムを選択した後のような画面がデフォルトになった模様。

ウィンドウサイズなどがデフォルトに戻されていました。

Edgeは新機能紹介がされたりしましたので、色々Updateされたのでしょう。

そんなところでしょうか。








スポンサーサイト

テーマ: ソフトウェア - ジャンル: コンピュータ

tag: Windows10 

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。