Kesu's Blog


IT業界(一応)で働くしがないサラリーマンのブログ。
ビジネスとITに関する情報を不定期に発信しています。
(ビジネス本、自作PCやスマホ、OSSや無料な
ソフトウェア、プログラム開発など)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

キーボード交換 

子供用PCにつけていたキーボードが勝手にキーインしたりしてしまうようになってしまったので新しくキーボードを購入し、今まで使っていたものを子供用におろしました。
元々、キーボードにはお金をかけるタイプではなく、いつも安いやつを見繕っていて、今回も同様にエレコムの安価なやつをセレクトしました。
尚、私の家ではコンパクトキーボードを常用しているので今回もコンパクトキーボードに絞って探しました。
決め手はキー配置、キートップが低めなところ、PS/2でも使えることです。
(USBのみでもいいのですが、まだ家のPCにはPS/2ポートがついているので有効活用というのと、どうも古い時代のUSBキーボードやマウスを経験しているせいで、USBのものは好きになれないんですよね)

さて、使用感ですが、見た目はノートパソコンのキーボードのような感じで好きです。
打ち心地ですが、見た目よりキーストロークが深めな感じで、キーを打つのに少し指が疲れる感じがします。
後、打鍵感と音が軽いプラスチックの音そのもので、ちょっとおもちゃのような感覚があったりします。
きっとこれを許せないと感じる人はいるでしょう。
まぁ、1,000円程度のものと思えば妥当なラインではあると私的には思いますが。
後、今まで使ってたキーボードがやくざ仕様でDELキーが右下の方にあったりしたのでキー配置の違いから打ち間違いが少々あったりします。
(変な癖ついちゃってるんだなと改めて実感)

ところで、キーボードには大きくわけて2つのタイプがあるのご存知でしょうか。
一つはメンブレン式、もう一つはパンタグラフ式というものです。
(メカニカル式ってのもありますが高級品なので除外)
一般にノートパソコンのキーになれている人はパンタグラフ式の方がなじみがあろうかと思います。
キーストロークが浅めで軽快なタッチ感のものですが、メンブレン式よりちょっと高めでしょうか。
対してメンブレン式はキーストロークが深めで押すのに多少力がいります(ちゃんと押さないとミスタイプになりやすい)が、とにかく安いものが多いです(笑
一般的にデスクトップパソコンのキーボードで採用されていることが多いようです。

私の場合、デスクトップパソコンですがノートパソコンのようなコンパクトキーボードでという感じですので、ほんとはパンタグラフ式を使った方がしっくりいくのかも知れません。
が、冒頭書いた通り、お金をかけるタイプでないというところの方が私的にはプライオリティが高いので、メンブレン式を使っていたりするわけです(苦笑

ELECOM メンブレン式キーボード/86キー/Mサイズ/ホワイト (PS3対応) TK-FCM005WHELECOM メンブレン式キーボード/86キー/Mサイズ/ホワイト (PS3対応) TK-FCM005WH
(2009/02/20)
エレコム

商品詳細を見る

2011/7/5追記
新しいからか、ストロークが深いからか、打ち漏れが若干。
ゲームをしていても、キーを押す力が足りないのか、たまに移動が停止したりします。
もう少しヘタって来たらなじむんでしょうかね?
スポンサーサイト

テーマ: PC周辺機器 - ジャンル: コンピュータ

tag: キーボード 

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://mkes.blog.fc2.com/tb.php/12-c83f6839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。