Kesu's Blog


IT業界(一応)で働くしがないサラリーマンのブログ。
ビジネスとITに関する情報を不定期に発信しています。
(ビジネス本、自作PCやスマホ、OSSや無料な
ソフトウェア、プログラム開発など)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

名刺BOX 

クラウドな名刺管理ツール、名刺BOXを紹介します。

提供会社は着メロで有名なインフォコム社。
登録代行などは有料になりますが、自分で登録するなら完全無料で使えます。
パソコンからもスマートフォンからも登録/確認が出来ます。
(登録したカードの編集やヨミガナなどはパソコンサイトからしか入力不可などスマートフォンからは出来ないこともありますが、あまり不便は感じません)

さて、大まかな機能は以下となります。

1.名刺画像の取り込み
方法は2通り。

1)スキャナーからの読み取り
これを利用するには専用ソフトウェアをパソコンにインストールする必要があります。
最新のWindows 7にも対応していますが、残念ながら現時点では64bit版には対応していません。
また、対応しているスキャナーが両面自動読み取り出来る機種に限られています。
一般的なプリンタ複合機は片面読み取りなので非対応なことが多いです。
(私の持っているものは、BrotherのDCP-J925Nで、スキャナー機能付きですが、NGでした)

2)スマートフォンのカメラで撮影した画像からの取り込み
こちらも利用するには専用ソフトウェア(名刺ビュアーを兼ねる)をインストールする必要があります。
また、既に撮ってあるものは使えません。
(専用ソフトウェアから撮影ボタンを押して撮影したものがアップロードされ、スマートフォン内には画像ファイルとしては残さない方式になています)

2.名刺データ登録
名刺BOXでは、OCRによる自動登録機能はありません。
基本的には手入力で会社名や氏名などの情報を入力して登録する必要があります。
この部分をインフォコム社に依頼することが可能になっていますが、有料となります。
なので、私は手入力しています。
データ登録は主に以下のような流れになります。

1)画像のみアップロードした場合
Webサイトから自己登録を選択するとアップロードされた名刺画像が表示されますので、登録ボタンを押して会社名や氏名など必要な情報を入力して保存ボタンで保存します。

2)画像アップロード時に氏名などを入力した場合
既に登録済の扱いとなりますので、名刺一覧から選択して追加項目を編集後、保存ボタンで保存します。

3.名刺データ表示
基本的には検索窓にキーワードを入れて検索する形となります。
会社名や、氏名で検索すれば一覧化して表示してくれるので、それで事足りるかと思います。
Webサイトの場合は、検索とは別に一覧表示機能もあります。
(デフォルトでは100件毎、設定で50、100、200のどれかを選択可能です)
設定数を超える名刺がある場合は次ページボタンが表示され、全件を一覧として見ることが可能です。
しかし、この機能はスマートフォンにはありません。
スマートフォンでは名刺検索画面を起動すると登録前の画像情報も含め100件までが表示されますが、そこで打ち切られた結果となります。
1社で100名を登録することは私の用途では無さそうなので会社名検索でも何とかなるかな?と思いますし、ByNameで連絡先を確認したいということの方が多いかとも思うのでまぁ大丈夫でしょうか。

4.その他
クラウドなだけあって、登録した名刺データを複数人でシェアすることが可能なようです。
私は個人的な利用なのでそこまではやっていませんが、小さなオフィスでは営業数名でシェアするなんてことが無料で出来てしまいます。
(無料でシェア出来るのは10名まで、それ以上を希望する場合は有料)


さて、ここまで機能面をざっくり紹介した名刺BOX。
使えるサービスではありますが、エンハンスされてくれば、これないとダメという位になりそうなサービスだと思う次第です。

最後に、主なエンハンスポイントと思う部分をいくつか。

a.名刺画像の差し替え
現在は専用ソフトウェアからのアップロード→手動登録しか出来ません。
部署が変わったのでなどと新たに名刺をもらっても新規登録して過去分を削除するという必要があります。
登録情報もほとんど一緒なわけですから、画像データを差し替えられるようになっているとメンテナンス性がよくなるように思います。
また、jpgファイルなど既存で電子化されている名刺データに置き換えが出来るようになるということですので、スキャナー対応機種の縛りも無くせるのかなと思います。

b.片面スキャナーへの対応
TWAIN対応のほぼ全スキャナーに対応出来るとよいですね。

c.パソコン用専用ソフトウェアの64bit対応
メモリも安くなったので多くのメモリを搭載されている方もそれなりにいるようにも思いますし、64bitには早く対応してもらいたいですね。

d.会社一覧→名刺選択機能
パソコン側は一覧表示させて会社名ソートすればとりあえず見れますので、OKとして、スマートフォン版は一覧表示機能がないので、こういった機能が実装されると嬉しいですね。

以上、まだまだ改善余地は色々ありそうですが、今後も利用していってエンハンスなどの情報をUpしていければなと思います。

名刺BOX ⇒ http://promo.meishibox.jp/
スポンサーサイト

テーマ: ソフトウェア - ジャンル: コンピュータ

tag: 名刺BOX 

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://mkes.blog.fc2.com/tb.php/23-b49e92d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【名刺BOX】

クラウドな名刺管理ツール、名刺BOXを紹介します。提供会社は着メロで有名なインフォコム社。登録代行などは有料になりますが、自分で登録するなら完全無料で使えます。パソコンから...

まとめwoネタ速suru | 2012/04/06 12:01

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。