Kesu's Blog


IT業界(一応)で働くしがないサラリーマンのブログ。
ビジネスとITに関する情報を不定期に発信しています。
(ビジネス本、自作PCやスマホ、OSSや無料な
ソフトウェア、プログラム開発など)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

PS/2キーボードで電源ONするための設定ではまる 

BIOS設定のAPM ConfigurationメニューにあるPower On By PS/2 Keyboard設定をDisabled以外に設定していてもキーボードから電源ONにならない症状が出たので、備忘録として。

具体的には、BIOSのPowerタブにあるEuP ReadyをEnabledに設定するとキーボードへの給電がS5(電源OFF)状態で停止するらしく、キーボードからの電源ONが不可になるようです。
マニュアルには、WOL、WO_USB、オーディオLEDとオンボードLEDの電源がOFFになると書かれているものの、これがキーボードへの給電も停止するとは何ともわかりにくいですね。

尚、この設定は、P7P55D-E(BIOSはAMI BIOS)での設定になります。
他のマザーボードでは項目名などが若干異なるものと思いますので、適宜読み替えてください。

ちなみに、同じAMI BIOSでも、世代の古いサブPCのP5LD2-VではEuP Readyの設定はありません。

※デメリット
EuP Readyの設定をDisabledにすると、どうやら、USB給電も停止しないようです。
USB BUSパワーで稼動しているものは電源ONのままになるものと思われますので、節電重視の方は設定を変更しない方がよいかも知れません。
スポンサーサイト

テーマ: パソコン - ジャンル: コンピュータ

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://mkes.blog.fc2.com/tb.php/41-47d2812c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。