Kesu's Blog


IT業界(一応)で働くしがないサラリーマンのブログ。
ビジネスとITに関する情報を不定期に発信しています。
(ビジネス本、自作PCやスマホ、OSSや無料な
ソフトウェア、プログラム開発など)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

ダウンロード版で32BitになってしまったWindows 8 Proを64Bit化する 

前回の記事で、ダウンロード版を3,300円で購入しWindows XP 32BitをWindows 8 Pro 32Bit化するところまで書きました。
ほんとは64Bitにしたかったのですが、勝手に32Bitが入り、何とかせねばと思いつつも、別途メディア手配が必要という噂で挫折していましたが、本日調べて見たところ、MSのサイトに方法が出ていました。

具体的には、64Bit版の環境からセットアッププログラムを起動して、ダウンロード、メディア化することで、64Bit版のインストールメディアが出来上がるとのこと。
前回やった時、XPではメディアが作れなかったのでWindows 7 64Bit環境で別途ダウンロードしてメディア化したり、インストール試行してみたしていたので、おしいところまでいっていたのですが、詰めが甘かったということですね(苦笑

というわけで、メインPCからDVDドライブを取り外し、サブPCに一時的に装着。
焼いたDVDイメージからブートしてインストールを実行。
インストール前提として、アップグレード前提OSがHDDに導入されている必要があるとのことですが、上記MSサイト内にある「プロダクト キーのみを使用して Windows 8 にアップグレードする方法」には、”現在、Windows 7、Windows Vista、Windows XP Service Pack 3 (SP3)、Windows 8 Release Preview、Windows 8 Consumer Preview、または Windows Developer Preview を実行している PC である必要があります ”と記載されており、Windows 8 Proは記載がありません。
逆に、RPやCPが入っていればokというのがどうにも。。。です。
導入出来たとしてもライセンス規約に抵触するように思うのですが、気のせいでしょうか。

それはさておき、ダメもとでやってみたら普通にインストール出来ました。
インストール時、ダウンロードした時に入手したプロダクトキーを入力しないと先に進めませんので、忘れずにメモしておきましょう。
後、32Bitから64Bitはクリーンインストールになります。
デスクトップにおいて置いたファイルなどは、Windows.oldフォルダにバックアップされていますが、ユーザーIDなどは引き継がれませんので、1から再作成になります。

何にせよ、無事、メディアを購入することなく、64Bit化出来ました。
というわけで、満足、満足です。

↓システムのプロパティで正しく”64ビットオペレーティングシステム”と表示されています。
Windows8_64bit.jpg
スポンサーサイト

テーマ: ソフトウェア - ジャンル: コンピュータ

tag: Windows8 

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://mkes.blog.fc2.com/tb.php/43-0d81ef29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。