Kesu's Blog


IT業界(一応)で働くしがないサラリーマンのブログ。
ビジネスとITに関する情報を不定期に発信しています。
(ビジネス本、自作PCやスマホ、OSSや無料な
ソフトウェア、プログラム開発など)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

プライベート網のアドレス割当 

勉強したことや、調べたことを全て頭の中に入れておくのは大変なので、これから少しずつ、備忘録として書き残していこうと思います。

プライベート網(LAN)に割り当ててよいIPアドレス(IPv4)の範囲は、RFC1918にて既定されています。
具体的には、

10.0.0.0~10.255.255.255 (10/8 prefix)
172.16.0.0~172.31.255.255 (172.16/12 prefix)
192.168.0.0~192.168.255.255 (192.168/16 prefix)

となります。

10進数だと/8 prefixと言われてもイマイチわからなかったりしますので、2進数表記してみます。
IPv4のアドレスは8bit×4つのオクテット=32bitで表現されますので、以下のようになります。
(先頭の8bitを第1オクテット、次の8bitを第2オクテット・・・以下略と表現します)

0000 1010 0000 0000 0000 0000 0000 0000~0000 1010 1111 1111 1111 1111 1111 1111
---- ---- 先頭8bit=第1オクテットが固定=/8 prefix

1010 1100 0001 0000 0000 0000 0000 0000~1010 1100 0001 1111 1111 1111 1111 1111
---- ---- ---- 先頭12bit=第2オクテットの上位4bitまで固定=/12 prefix

1100 0000 1010 1000 0000 0000 0000 0000~1100 0000 1010 1000 1111 1111 1111 1111
---- ---- ---- ---- 先頭16bit=第2オクテットまで固定=/16 prefix

というわけで、VDSLルータとか、無線LANルータとかは初期設定で192.168.x.xというIPアドレスが指定されているわけですね。
(個人でそれほど多くのIPアドレスを必要とするとは考えにくいので、一番使えるアドレス幅が少ないものが使われている)
スポンサーサイト

テーマ: コンピュータ - ジャンル: コンピュータ

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://mkes.blog.fc2.com/tb.php/55-51f21679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。