Kesu's Blog


IT業界(一応)で働くしがないサラリーマンのブログ。
ビジネスとITに関する情報を不定期に発信しています。
(ビジネス本、自作PCやスマホ、OSSや無料な
ソフトウェア、プログラム開発など)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

スペック更新 

Windows 8の認証問題も落ち着いたので、スペックの更新をしておきます。

メインPC
ケースAbee METHOD MC10-WATX ミドルタワー
電源KEIAN Gori MAX2550W
マザーボードASUS P8Z77-Vソケット:LGA1155
CPUIntel Core i7 37703.40GHz,4Core,HT,8MB Cache
CPUクーラーサイズ KABUTO
メモリCFD W3U1600HQ-8GPC3-12800(DDR3-1600) 8GB×2枚セット
グラフィックボードGIGABYTE GV-N56GOC-1GIGF GTX 560 GDDR5 1,024MB,PCI-Express2.0×16
HDDSAMSUNG HD203WISATA2 2TB
DVDドライブSony Optiarc(バルク) AD-7280SSATA スーパーマルチ
モニターFRONTIER FR210121.5インチ フルHD
キーボードELECOM TK-FCM005WH日本語86キー メンブレン
マウスMicrosoft Confort Optical Mouse 3000光学式 4ボタン
WebカメラBUFFALO BSW13K08HSV130万画素 色:シルバー
OSMicrosoft Windows 7
Microsoft Windows 8
Home Premium 通常パッケージ版、64bit
Pro アップグレード版、with Media Center化済、64bit
マザーボードでOC設定をAUTO、Turbo Boost Enable設定にしており、実動でCPUは4,223MHz、メモリは961.5MHz×2=1923MHz駆動しています。

サブPC(子供用)
ケースフリーダム TK-6200/GLATX ミドルタワー
電源KEIAN Gori MAX2550W
マザーボードASUS P7P55D-Eソケット:LGA1156
CPUIntel Core i7 8602.80GHz,4Core,HT,8MB Cache
CPUクーラーサイズ KABUTOFANが壊れたのでKAZE-JYUNI PWM FAN(同等品)に換装
メモリSUPERTALENT WP160UX4G9PC3-12800(DDR3-1600) 2GB×2枚セット
グラフィックボード玄人志向 GF9800GT-E512HD/GEGF 9800GT GDDR3 512MB,PCI-Express2.0×16
HDDSAMSUNG HD103SJSATA2 1TB
DVDドライブLG GSA-4167BATAPI スーパーマルチ
モニターFRONTIER FR210121.5インチ フルHD
キーボードELECOM TK-FCM005WH日本語86キー メンブレン
マウスMicrosoft Basic Optical Mouse光学式 3ボタン
WebカメラBUFFALO BSW13K08HBK130万画素 色:ブラック
OSMicrosoft Windows 8Pro アップグレード版、with Media Center化済、64bit
マザーボードでOC設定をAUTO(メモリはDDR3-1600設定)、Turbo Boost Enable設定にしており、実動でCPUは2,942MHz、メモリは802.5MHz×2=1605MHz駆動しています。

余りものパーツ
ケース
電源TASK TK-930TX300W,ケース付属
マザーボードASUS P5LD2-Vソケット:LGA775
CPUIntel Pentium 4 6303.00GHz,1Core,HT,2MB Cache
CPUクーラーIntel リテールPentium 4 630付属
Intel リテールCore i7 860付属
Intel リテールCore i7 3770付属
メモリメーカー 型番不明PC2-5300(DDR2-667) 512MB×2枚
Transcend 型番不明PC2-5300(DDR2-667) 512MB×2枚セット
グラフィックボード玄人志向 型番不明GF 6600GT GDDR3 128MB,PCI Express×16
PALiT GEFORCE GT 610GF GT 610 DDR3 2048MB,PCI Express2.0×16
HDD--
CDドライブIODATA CDRW-AB32BATAPI 32倍速CD-RW
モニター--
キーボード--
マウス--
Webカメラ--
OS--
後、スペックに記載していませんでしたが、レガシーな3.5インチFDDドライブ。
-- 続きを読む --

テーマ: パソコン - ジャンル: コンピュータ

△page top

PS/2キーボードで電源ONするための設定ではまる 

BIOS設定のAPM ConfigurationメニューにあるPower On By PS/2 Keyboard設定をDisabled以外に設定していてもキーボードから電源ONにならない症状が出たので、備忘録として。

具体的には、BIOSのPowerタブにあるEuP ReadyをEnabledに設定するとキーボードへの給電がS5(電源OFF)状態で停止するらしく、キーボードからの電源ONが不可になるようです。
マニュアルには、WOL、WO_USB、オーディオLEDとオンボードLEDの電源がOFFになると書かれているものの、これがキーボードへの給電も停止するとは何ともわかりにくいですね。

尚、この設定は、P7P55D-E(BIOSはAMI BIOS)での設定になります。
他のマザーボードでは項目名などが若干異なるものと思いますので、適宜読み替えてください。

ちなみに、同じAMI BIOSでも、世代の古いサブPCのP5LD2-VではEuP Readyの設定はありません。

※デメリット
EuP Readyの設定をDisabledにすると、どうやら、USB給電も停止しないようです。
USB BUSパワーで稼動しているものは電源ONのままになるものと思われますので、節電重視の方は設定を変更しない方がよいかも知れません。

テーマ: パソコン - ジャンル: コンピュータ

△page top

CPUとGPUの性能比較がし易いサイト 

前々からいいのないなぁと思っていたのですが、たまたま、見つけました。
PassMark Softwareというところが公開してるベンチマーク情報なのですが、結構いい感じに情報が揃っています。
ここを予め知っていたら、グラフィックカードの衝動買いなんてしなかったかもなぁ(苦笑
ここの情報を鵜呑みにすればいいというものでもないですが、参考値としては十分使えそうだなと思います。

CPU版はXeonなどサーバ向けCPUの情報も載っているので、参考値としてはビジネスでも使えそうです。

詳細は以下サイトにて。
リスト上、たくさんのものが載っていますので、意図したものを探したい場合は、検索枠に型番を入れてサーチボタンでどうぞ。
また、ランクでソートなども上下矢印をクリックするだけで出来ますので、必要に応じてどうぞ。

CPU版
http://www.cpubenchmark.net/cpu_list.php

GPU版
http://www.videocardbenchmark.net/gpu_list.php

尚、このベンチマーク情報は、当該の会社で作成しているベンチマークツールで計測した結果に基づいて作成されているようです。

ちなみに、上記のGPU版で私の持っているグラフィックカードを見て見たところ、以下のような感じでした。

チップ名測定値ランク
GeForce 9800 GT916151
GeForce GT 610280529
GeForce GTX 560271629

このサイトの情報によれば、9800 GTを上回ろうと思うと、GT 6xxシリーズではGT 640を選択しないと無理なようです。
9800 GTはやはり優秀だったということですかね。

※正確には私の持っているものは9800 GTのGreen Editionでコアクロックが低減されているので、もう少し性能は下なのだろうとは思います。

テーマ: ハードウェア - ジャンル: コンピュータ

△page top

壊れたCPUクーラーのFANを換装 

サイズのKABUTOというCPUクーラーを使っているのですが、そのFANがお亡くなりになってしまったので、同じサイズのFANを購入して換装しました。
PWMに対応したもので、壊れたFANに記載されている型番と同じだったので、性能も一緒かな?
性能的には、最大74.25CFM/1,3000rpmで、低回転の割には風量がある方かなと思います。
尚、このFANをつけた際のCPUの温度はアイドルで38~42度(FAN回転数は約650rpm/BIOSのQ-FAN設定はスタンダード)程度です。

サイズ KAZE-JYUNI PWM SY1225SL12LM-Pサイズ KAZE-JYUNI PWM SY1225SL12LM-P
(2009/10/21)
サイズ

商品詳細を見る

テーマ: ハードウェア - ジャンル: コンピュータ

△page top

GF GTX 560とGF 9800 GTのスペック比較 

GeFroce GTX 560GeForce 9800 GT(GE)
時期2011年2009年
シェーダコア数336112
ロップユニット数3216
コアクロック830MHz(※)550MHz
コア名称GF114G92b
製造プロセス40nm55nm
メモリ量1,024MB512MB
メモリタイプGDDR5GDDR3
メモリクロック1,002MHz(DDR 4,008MHz)(※)900MHz(DDR 1,800MHz)
メモリバス幅256bit256bit
インターフェースPCI-Express 2.0×16PCI-Express 2.0×16
補助電源6pin×2なし
DirectX対応1110.0
※リファレンスが明確には存在しないため、製品によって若干の開きがあります。

前回(GT 610)の反省を活かし、今回購入したのはGTX 560になります。
私が過去使ってきたグラフィックボードは補助電源がないものばかり(というか、そういうものをあえて選択していた)だったのですが、初の補助電源あり。
しかも、6pin×2系統という、消費電力大きめのもの。
前回、故障のため交換した電源ユニットはもしかしたら今後補助電源ありのグラフィックボードを買うかも?と思いつつ、1系統でいいかどうか悩み、一応2系統のものを選んだのですが、早速それが役に立ちました。

さて、グラフィックボードのスペックとしては、シェーダコアもロップユニットもコアクロックも向上。
メモリもメモリバス幅が同じで、それ以外は向上。
Windowsエクスペリエンスインデックスにおけるグラフィック関連はゲーム用も含め7.7の高スコアとなり、前回の失敗をきちんと活かすことが出来ました。(笑)

尚、GDDRは3だと実クロックの倍、5だと4倍で動作するため、メモリの実質動作クロックが倍以上の開きとなっています。

巷では、GTX 660 Tiが発売されたりしているようですが、3万円以上するので私には高級品で手が出ないのもあり、これでまた数年、グラフィックボードは買わずに推移しそうです。

テーマ: ハードウェア - ジャンル: コンピュータ

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。