Kesu's Blog


IT業界(一応)で働くしがないサラリーマンのブログ。
ビジネスとITに関する情報を不定期に発信しています。
(ビジネス本、自作PCやスマホ、OSSや無料な
ソフトウェア、プログラム開発など)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

スマホでリモートデスクトップ 

単なる興味からスマホ(Android)で自宅PCに接続してみました。
今回は、RemoteToGoという無料のRDPクライアントを使いました。
ダウンロードはGoogle Playから行えます。

事前にスマホは無線LAN接続、PCも同一LANに接続している前提で話しを進めます。
インターネット経由での接続も、ルータにIPマスカレードの設定をしてあげればイケそうな気がしますが、今回はそこまではやっていません。

まず、PC側でリモートデスクトップ接続を許可する設定にしておきます。
rdp.jpg

後はスマホ側の操作になります。

左)アイコンはこんな感じです。
右)起動すると、コネクション作成画面になります。
20130511-200244.png 20130511-200249.png

左)New ConnectionをタップするとRDPかVNCかの選択になります。今回はRDPを選択します。
右)Labelは表示名なので適当に。HostにはPCのIPアドレスを入力します。
(今回はLAN接続なのでPCのIPを入力)
とりあえず繋ぐだけならば、その他は変更なしでOKです。
20130511-200301.png 20130511-200305.png

左)戻るキーを押すと保存するかと聞かれるので、Yesをタップして保存します。
右)先ほどLabelでつけた名前で表示されるのでタップします。
20130511-200340.png 20130511-200346.png

左)接続してよいか確認画面が出たら、OKをタップします。
右)PCのログインアカウントでログインします。
(ワークグループの場合はDomainはブランクのままでOKです)
20130511-200352.png 20130511-200356.png

無事接続。
Windows 8上のIE 10でMSNのサイトを表示してみました。
20130511-200657.png

接続を終える場合はメニューキーを押して、disconnectをタップします。

アプリは戻るキーを押せば終了出来ますが、確認画面が出ますので、Yesをタップしてください。
20130511-200741.png

RemoteToGoでは日本語入力が出来ないようでした。(単にやり方がわかっていないだけかも知れません)
動画も見てみました。
若干ちらつくものの、見れなくはない感じ。
尚、音声再生するように設定出来るのでやってみたものの、うまく音が出ませんでした。

ま、今回は単に遊びでやってみようといったところなのでここまでにしておきます。

テーマ: ソフトウェア - ジャンル: コンピュータ

tag: IS12SH  Android 

△page top

保護フィルムを貼り替えました 

何回も落とすうちにぼろぼろになってきたので貼り替えました。
IS12SHは発売期間が短かったのもあり、アクセサリーの類もあまり種類がなかったりしますが、たまたまよったビックカメラにあったので購入することにしました。

過去、ずっと防指紋光沢(グレア)を使っていたのですが、今回はノングレアにしてみました。
グレアに比べて白っぽさがあり画像の鮮明さはやはりおちた感はありますが、タッチ感はするするな感じになり、画面の指紋汚れなども全くと言っていい程気にならなくなりました。
この辺りはどっちが好みかで選ぶしかない感じですね。

【ノングレアフィルム】 AQUOS PHONE IS12SH専用  指紋が目立たないフィルム【ノングレアフィルム】 AQUOS PHONE IS12SH専用  指紋が目立たないフィルム

モバイルフィルム

商品詳細を見る

テーマ: android - ジャンル: コンピュータ

tag: IS12SH  Android  保護フィルム 

△page top

保護フィルムを変えました 

前回記事でray-outの防指紋光沢フィルムを使っていると書きましたが、どこかにぶつけたのかちょっと端が剥離していて、気になって貼り直しにチャレンジしたところ返って酷い状態に陥り、仕方なしに新しいものを買って来ました。
同じものにするかノングレアにしてみるかなど悩んだのですが、同じ機能の別メーカー品を試してみようということに落ち着き、ラスタバナナの高光沢防指紋をチョイスしてみました。
貼り方はray-outのそれと同じで、キレイに拭いた後、自己吸着性のあるシートをペタリでおしまいです。
ちょっと気になるのは、ray-outのものと比べると穴の位置がちょっとズレている感を感じるところでしょうか。
取りあえず納得する位置に落ち着かせるのに苦労しました。
タッチ感は、ray-outのよりさらに滑らない感じがあります。
"きゅっ"っと音がしそうな位です。
まぁ、これはray-outの時も徐々になじむというか、滑りよくなる傾向にあったので同じような感じになりそうだとは思っています。
その他ではray-outのものは前面カメラ部分が丸くくり抜かれていたのですが、これはくり抜かれていないところと、背面カメラ用の保護フィルムが付属しているところ位が違いとしてある感じでしょうか。
前者については透明度高いということなのであえてくり抜く必要なしとのことなのでしょう。
後者については自己吸着タイプではなく、低粘着タイプということで後になってのりが・・・ということがあると嫌なので、まだ貼っていません。
傷入るようなこともないようには思うのですが、どうなのでしょうね?

AQUOS PHONE(IS12SH)専用 グロスタッチガードナー 光沢防指紋AQUOS PHONE(IS12SH)専用 グロスタッチガードナー 光沢防指紋



商品詳細を見る


そうそう、自宅内でテーブルからダイブしたせいだと思うのですが、本体の角っちょに傷が入りました。
これ、直すとしたら外装交換しかないんですよね。
電池カバーは安いし傷入っても交換でいいやとカバーつけずに使っていたのですが、ちょっと盲点?でした。

テーマ: android - ジャンル: コンピュータ

tag: Android  IS12SH  保護フィルム 

△page top

IS12SH 

記事の記載が前後しましたが、発売日(2011/6/29)にIS12SHを購入しましたので写真をupします。

110725_2207~01110725_2209~01

この写真は前に使っていたbiblioで撮影したものになります。
biblioも500万画素、FWVGA撮影が可能ですので、携帯としては十分。
PCに転送して普通に使えるサイズと画質ですが、携帯画面で見ると何とも小さく感じます。(画面のインチが小さいので)
その点、IS12SHは4.2インチあり、程よい大きさでよいです。

さて、IS12SH本体の付属品ですが、オマケの3D動画の入った2GBのmicroSDカードのみとなっています。
というわけで、IS12SHに対応した充電器ないしは携帯の頃の充電器を使えるようにする変換ケーブルが必要となります。
前者と後者では出力が異なり、前者の方が充電時間が短く済むので、迷わずそちらを購入しました。
製品名は「共通ACアダプタ03」になります。
少々ケーブルが短いですが、このケーブルを使ってPCとのUSB接続も可能ですし、お得かと思います。

au 共通 ACアダプタ 03 0301PQA 日本国内 海外兼用(100V~240V対応)スマートフォン用 microUSBケーブル充電器au 共通 ACアダプタ 03 0301PQA 日本国内 海外兼用(100V~240V対応)スマートフォン用 microUSBケーブル充電器



商品詳細を見る
(イメージがAmazonにないため、noimageになってます。悪しからずご了承くださいませ)

後、追加で購入したのは保護フィルムです。(microSDHCカードは前に記事をupした通り、16GBのものを購入済)
ものとしては、ray-outの防指紋光沢保護フィルムになります。
フィルムを貼る前は指紋がやたらと目立っていたので防指紋タイプのものを買ってみたのですが、このフィルムちょっとすべりが悪いです。
また、指紋も少々目立ちます。(使い始めた時は貼らないより目立たないと思っていたのですが、徐々に目立って来ているように感じています)
画質が落ちると言われているのでノングレアは敬遠していたのですが、画質の落ちにくいものを探してノングレアにした方がよいのかも知れません。

IS12SH 防指紋光沢保護フィルム/2枚IS12SH 防指紋光沢保護フィルム/2枚
(2011/06/30)


商品詳細を見る

話しは変わって肝心の使用感ですが、メールの遅延という問題があるものの、それ以外の不具合らしい不具合もなくごくごく普通に使えます。
ただ、携帯からスマホなので迷うこともしばしば。
そんな時はここなどを参考にしてみるとよいかも知れません。
ちなみに、3Dは思っていたより面白いです。

テーマ: android - ジャンル: コンピュータ

tag: Android  IS12SH  保護フィルム 

△page top

microSDHCカードを購入 

最近、記事にするようなレベルのことがなく、早速のように更新が滞っております(苦笑
ほんとは、今頃、夏モデルを手にし、色々と記事を書いている予定だったのですが、欲しい機種がまだ発売されていなかったりします。

私がこの夏に購入する予定のものは、auから発売されるシャープ製のIS12SHです。
兄弟機がDoCoMo、Softbank両方から出ている3D対応のものですが、auだけまだ発売されていません。

噂では価格は73,500円とのこと。
(ただし、毎月割が1,700円×24ヶ月=40,800円で、実質は32,700円との噂ですが)
しかも、7万以上もするのに付属品は2GBのMicroSDカードのみという、これだけでは充電も出来ない仕様です。
強気ですね。
というわけで、準備として16GBのmicroSDHCカードを購入しました。
稼動保証があるわけではないですが、一応ノーブランド品は避けようと思ったのと、class6と早い方であること、そして価格がお安めというところで決めました。
使用感などは別途記事にupしたいと思います。(だから早く発売してくださいw)

シリコンパワー micro SDHCカード 16GB (Class6) 永久保証 (SDHCアダプター付) SP016GBSTH006V10シリコンパワー micro SDHCカード 16GB (Class6) 永久保証 (SDHCアダプター付) SP016GBSTH006V10

シリコンパワー

商品詳細を見る

尚、充電器は本体と同時に購入予定ですが、本体購入時のauポイントで何とかなるかな?
しても1つ1,000円弱なので本体の価格に比べたら痛くも痒くもありませんけれどもね。

テーマ: android - ジャンル: コンピュータ

tag: IS12SH 

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。