Kesu's Blog


IT業界(一応)で働くしがないサラリーマンのブログ。
ビジネスとITに関する情報を不定期に発信しています。
(ビジネス本、自作PCやスマホ、OSSや無料な
ソフトウェア、プログラム開発など)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

NTT東 ギガ速い。 

2008年5月からずっとBフレッツでしたが、ギガサービスが始まったのをTVで知り、さっそく切替を行いました。

NTT東への申し込みは、Webから行いましたが、色々入力するのが面倒だからと「らくらく申し込み」から行いました。
giga_ntt1.jpg
giga_ntt2.jpg

が、これ、「新規」なんですね。
電話かかってきて新規申し込みでよろしいですか?と聞かれるまで気付きませんでした(苦笑
電話でBフレッツをギガにしたい=変更という旨伝え、工事日確認頂き、工事日確定とここの流れはスムーズでした。

次いでプロバイダ。
巷ではWAKWAKは遅いとかささやかれいたりいなかったりするようですが、メールアドレスが変わるのは家庭的に色々面倒なので、継続することにしました。
NTT東との電話では、プロバイダのコース変更などは自分でやれとのことだったので、WAKWAKへ電話。
現在契約している「ざんまい光」ではギガに対応出来ないとのことで、変更必須だとのこと。
その変更はWebから出来るよってことで、とりあえず、トライしてみたところ、コース変更画面にヘルプデスクに問い合わせて、との記載あり、やっていいのかよくわからず。
giga_wakwak1.jpg

仕方がないので、メールで改めて問い合わせてみたところ、そこから変更していいとのこと。
また、お客様IDとコースは現在使用しているものを入力/選択せよとのことでした。
そうしておくことで、ギガに回線が切り替わった後、NTT東からWAKWAKへ手続き完了連絡が入ったところでギガコースにしてくれるんだそうです。

工事日当日ですが、工事の方が来られて、モジュラージャック周りを分解、マンション共用部から室内に光ケーブルを引き込んでくれました。
どんな形で引き込まれるのか少し心配していたのですが、きちんと配管通して見た目には何も変わらないような工事をしてくれました。

尚、ルータはRV-230SEからPR-500KIに変更されました。
PR-500KIはLANポートが1Gbps対応、無線LANもセットになっており、802.11acに対応しています。
RV-230SEは100Mbpsポート、無線LANは別のAP使ってやっていましたが、802.11nまでだったので、各々パワーアップしました。

さて、肝心の速度ですが。

=== Radish Network Speed Testing Ver.3.2.2 - Test Report ===
測定条件
 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線
 速度:496.0Mbps (62.00MByte/sec) 測定品質:94.8
上り回線
 速度:594.8Mbps (74.35MByte/sec) 測定品質:92.3
測定者ホスト:****.***-***-**.ppp.wakwak.ne.jp
測定サーバー:東京-WebARENA
測定時刻:2014/7/30(Wed) 21:16
------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
============================================================

ギガと言ってもギガ近くまでは出ずといった感じですが、21時でシングルセッション約500Mbps出てれば十分早いですかね。
(切替前は早朝6時台とかで60Mbps位だったように思うので、それに比べれば雲泥の差)

しかしまぁ、あれです。
変更の場合、キャンペーン対象にならないとか。
工事費もかかるとか。(ウチの場合、3万円弱でした)
お金的にはちょっと損でしたかね。

テーマ: コンピュータ - ジャンル: コンピュータ

△page top

BCD破損、UEFIブート不可(0x0000034)からの復旧 

やってきました、ブートエラー。
エラーコードは0x0000034。

詳しいエラー内容は、MSのコミュニティにエントリーあったのでそちらを参照ください。

エラーの内容的には、BCDが読み込めなくて、ブート出来なかったよ、と言うことのよう。
私のメインPCは、ハードウェア更改時にBIOS機からUEFI機になっていまして、UEFI機では、Windows Boot Manager用のFAT32パーティションが割り当てられ、そこにブートローダーが構成されます。
このブートローダーが使用するブート構成データが、BCD=Boot Configuration Dataです。
読めなきゃ立ち上がるわけがありません。

というわけで、メディアからブートして復旧を試みました。
Windows 8のインストールDVDは作ってあったので、それから起動。

まず、自動復旧を試みるもNG。
次いで、リフレッシュを試みるもロック解除してからやってね、と言われNG。

これはヤバいことになっているのでは?とHDDを外し、サブPCに接続。
データパーティション(NTFS)はいきていたので、とりあえず、データをバックアップ。
脇でエラーの対処方法を調査。

結果、こちらのサイトの「UEFI bootloaderの修復」に記載の方法で復旧出来ました。

具体的に行った内容は以下になります。

Windows 8のインストールメディアから起動し、システムの復旧から、コマンドプロンプトを立ち上げる。
上述サイトを参考に、以下コマンドを実施。

> diskpart
diskpart> list volume
diskpart> select volume 3
diskpart> assign letter=b:
diskpart> exit
> b:
b:> cd EFI
b:> cd Microsoft
b:> cd Boot
b:> ren BCD BCD.bak
b:> bootrec /fixboot
b:> bcdboot c:\Windows /l ja-JP /s b: /f ALL
b:> exit

再起動により無事にブートし、データロストなく復帰しました。

尚、念のために、SMART情報を確認しましたが、正常との表示。
何がしかの理由でBCDが論理的に破壊されてしまった?ということ??
根本原因は不明ですが、データの整理とメディアへのバックアップを今度暇みてやろうと思います。

テーマ: ソフトウェア - ジャンル: コンピュータ

tag: Windows8 

△page top

Java 8 ではPerm領域の指定が出来なくなりました 

久々のエントリー。
今日はJavaについて。

本日時点で、Javaランタイム(JRE)のダウンロードはJava 7 Update 55になっていますが、既にJDKはJava 8 Update 5となっています。
まだ開発者向け先行提供といったところですので、普通に使っているだけであれば、まだJava 7を使われていた方がよいかと思いますので、ご留意を。

さて、Java 8では、Perm領域の指定が出来なくなりました。
具体的には、Javaの実行コマンドラインに

-XX:PermSize=128M -XX:MaxPermSize=256M

と指定しても、

Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM warning: ignoring option PermSize=128M; support was removed in 8.0
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM warning: ignoring option MaxPermSize=256M; support was removed in 8.0

なるメッセージが出力されて、機能しなくなっています。

これは、元々、BEAという会社が作り、WebLogicに含まれ提供されていた、JRockitとSUNという会社が作り、無償で公開されてきたいわるゆJava(これをHotSpotという)がどちらも現在ではOracleの持ち物となっていることから、統合(これをProject HotRockitという)が行われてきた成果の一つになります。

使う側からすれば、Perm領域を意識せずに済むので楽になったわけですが、バージョンアップ作業などをする側からすると要らぬエラーメッセージが出ないようにパラメータ修正をしたりなど、厄介なところもありますので、Java 8へのJVMの移行にはしばらく時間が必要かも知れませんね。

テーマ: ソフトウェア - ジャンル: コンピュータ

tag: Java 

△page top

IE11ユーザーエージェント文字列変更に伴ってGoogle検索結果が残念なことに。。。 

アドレスバーに検索文字列を入れて検索してみると。
google_ie11.jpg

縦長な検索結果画面に。
F12を押して開発者ツールを表示の上、ユーザーエージェントをIE10に変えると以下のように普通に表示されます。
google_ie11_ie10mode.jpg

いや、しかし、アップデート後、昨日までは普通に検索結果画面表示出来ていたような。。。
-- 続きを読む --

テーマ: ソフトウェア - ジャンル: コンピュータ

tag: Windows8  IE11 

△page top

Windows 8 から 8.1 へのアップグレード 

Windowsストアから更新を実行することで、8.1化が可能です。
windows81upd.jpg

ダウンロードに結構な時間がかかりますが、気長に待ちます。
ダウンロード後、インストールにもこれまた結構時間がかかりますが、待つしかありません。
時間的には、トータルで3時間程度でしょうか。

アップグレードの最後の方で、アカウント設定がありますが、MSアカウントが必須となります。
登録されていない方は新規で登録する必要がありますので、ご留意を。

尚、MSアカウントとの紐づけは、後で解除することが出来ます。
チャームを表示(右上か左下にマウスを移動すると出てきます)し、設定。
さらに、右下にあるPC設定の変更、アカウントと辿り、関連付けを解除すれば、ローカルアカウントに出来ます。

アップグレードエラーになるという情報がMSコミュニティにあったりもしますが、問題なければすんなりとアップグレードされるものと思います。
(私は2台アップグレードを行いましたが、どちらも正常に完了しました)

デスクトップ直アクセスが可能になったところなどはPreview版と同様ですので、過去記事を参照ください。
Preview版との違いは、起動時のグラフィックがお魚さんでない、ウィンドウアイコンの右クリックメニューにサインアウトが追加されている点などでしょうか。

さて、アップグレード後ですが、以前のバージョンなど、たくさんのバックアップが存在しています。
フォルダ的には、$Windows.~BTや、Windows.oldといったフォルダになりますが、これらを削除するには、コントロールパネル、システムとセキュリティにある、ディスク領域の解放から行います。
ディスク領域の解放を選択すると、ディスククリーンアップというウィンドウが起動します。
ここで、システムファイルのクリーンアップをクリックします。
すると、以下のような項目が追加されますので、チェックを入れ、OKをクリックします。

・以前のWindowsのインストール
・一時Windowsインストールファイル
・Windowsアップグレードログファイル

削除するかの確認が出ますので、ファイルの削除をクリックし、処理が終わるのを待てば完了となります。
-- 続きを読む --

テーマ: ソフトウェア - ジャンル: コンピュータ

tag: Windows8 

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。